歩くのが辛い「痛風」も施術で改善できる!

金原 美幸 2018.03.05

こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

 

このテクマニ通信では、
治療家の先生に役立つ
「知識や情報」そして「治療のヒント」
となるテクニック
をお届けいたします!

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

明日からの施術に
参考となるような動画を
お送りします。

歩くのも辛い「痛風」 の治療

ある日突然、
足の親指の付け根などに
激しい痛みと炎症が生じる「痛風発作」。

 

昔は「贅沢病」なんて言われましたが、
最近では食生活の変化からごく一般的な病気へと
変わってきてるようです。

 

実際、私の周りでも
「痛風」を患っている人は
とても多いです。

 

風が吹いても「痛い!!!」
という通り、発作が出ると
非常に痛いようです、、

 

実は、今回の動画で
施術されているのは、
弊社のスタッフになります。

 

この日は、「痛風」の痛みで
足を引きずっていたため、
急遽熊谷が治療を行いました。笑

 

珍しい症例だと思いますので、
早速、その映像をご覧ください。

 

負荷がかかっている箇所を調整

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、稼動域をチェックして
循環が悪くなっている箇所の
施術を行なっただけですが、
かなり症状が改善されました。

 

施術後は、
痛みも引いて歩くのも
楽になっていましたね。

 

痛風発作の原因は、
体内に尿酸がたまることで
引き起こされると言われています。

 

なので、身体の機能を高めるだけでも
血行が良くなりますので、
尿酸が滞ることも減ってきます。

 

体の歪みを改善するだけでも、
痛風の治りが早くなることが
わかりますね。

 

ぜひ、今回の動画も
参考にしていただき、
明日からの治療にお役立てください。

 

P.S今回の動画行なっている
テクニックは疲労回復協会で
お伝えしています。
ぜひこちらもご覧ください。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント