ヘルニアからくる身体の不調【鼠径ヘルニア】

金原 美幸 2018.07.16

こんにちは
ABC整体チャンネルの金原です。

 

このブログでは、

治療家に役立つ知識や情報、
そして施術のヒントとなるテクニックを
お届けしています。

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

本日は、
疲労回復協会のミニセミナーで
行われたデモンストレーションの一部をご紹介します。

 

ヘルニアからくる身体の不調

今回施術を受けた先生は、
もともと鼠径ヘルニアがあり
股関節の動きが悪いという症状です。

 

このように、あなたの院に
来られる患者さんの中には、
ヘルニアの方もいると思いますが、

 

この場合ヘルニアと合わせて
症状を抱えている方も多いですよね。

 

例えば、

「ヘルニアからくる坐骨神経痛」

「ヘルニアからくる脚の痛み、痺れ」

 

うちの直営店にくる患者さんも
このような症状が多いようです。

 

そして、これらの症状の施術について、
治療家の先生にお聞きすると
実は悩んでいる方が多いのです。

 

今日は、そんな施術に悩んでいる先生には
ぜひご覧いただきたいと思います!

 

では、まずは早速動画をご覧ください。

 

 

検査と施術で問題点を絞り込んでいく

いかがでしたでしょうか?

 

短い時間でしたが、
かなり症状を改善させる事が
できました。

 

今回の施術ポイントは、

まずはじめに最近の問題である
生理学的な部分を改善させる。

(動画で”ベーシック”、”ABC”と言ってる
箇所になります)

 

そして、まだ症状が残る部分を、
更に検査を繰り返し
解剖学的なアプローチを行う。

(今回はTLという検査法と
KSテクニックを使用してます)

 

となります。

 

今回の施術方法は、
ABC整体の基本セオリーです。

 

かなりシステム化されている手技なので
動画のように短時間で症状を改善する事
ができます。

 

このように、どんな症状の患者さんがきても、
その場で症状を改善することができたら
患者さんは身体が楽になり喜ばれますよね。

 

ぜひ、今回の動画も
ご参考にしてみてください。

 

来週もどうぞお楽しみに!!

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント