こんにちは

 

先生の治療院には、
顎や口周りの痛みで来院される方はいますか?

 

顎や口周りに痛みや辛さがあると、
食事だけでなく、会話などの時も気になり、
日常生活が苦痛になっていく
 

そんな厄介な症状ですが、
一度で改善したという症例をいただきました。

 

今回の症例報告は
 

・左顎の痛みで口を大きく開けれず、
食事を摂りにくかった女性が、
1度の手のひら整体で改善

 

という報告から、

施術のヒントを読み解いていきましょう。

 

===========================
【臨床報告】左顎の痛みで口を大きく開けれず、
食事を摂りにくかった女性が、1度の手のひら整体で改善

大阪府 インストラクター
山本 雅三先生

【左顎の痛みで口を大きく開けれず、食事を摂りにくかった女性】

T.Sさん(30代女性)は
日常的に首こりや肩こりに悩んでいました。

そんな中、数週間前から
だんだん食事の時に口が開けづらくなっていくのを
感じはじめ、そうしているうちに
1週間前から左顎に痛みが出始めました。

顎の開き具合や痛みをチェックした後、
検査で右の首に原因があることが判明。

体の水分循環を改善した後、
右手を手のひら整体で施術したところ、
首こり肩こりだけでなく、
左顎の痛みや口の開き具合も改善しました。

後日
「施術後から食事も普通に摂れるようになり、
こんな不思議な整体は初めて!」
と喜んで下さいました。

=================================

 

それでは、今回の成功体験のポイントを解説していきます。

 

・数週間前からだんだん食事の時に口が開けづらくなってきた
・1週間前から左顎に痛み
・検査で右の首に原因があることが判明
・右手を手のひら整体で施術後、首こり肩こり、左顎の痛みや口の開き具合も改善

 

今回の症例で注目するべきは、
症状が改善したこともそうですが、
 

「左顎の痛みの原因が右の頸にあり
右の手のひら整体で改善した」

という、非常に治療家として価値のある対応をしたことです。

 

患者さんは、まさか左の顎の原因が右側にあるとは思っていません。

しかも手のひらだけで改善するなんて、、
 

「不思議な整体」と患者さまが表現するのもわかります。
 

我々施術家にとって、
患部以外に原因があることは、
そんなに珍しいことではありません。
 

と、その時の状況によって対応を変えなくてはならなかったり、
施術しても、その場では良くならなかったけど、
時間がたったら良くなったり、
 

しかし、それを的確に見つけ出し、
実戦で結果を出せることが、
この症例から学とれるポイントでしょう。
 

【明日からあなたの治療院で使えるヒントは?】

 

なぜ、顎そのものではなく頸が原因であり、
手のひらを施術すれば改善するとわかったのか?
 

ということですが・・・
 

この症例の中にヒントがあります。
 

それは、
患者さまが、日常的に頸こりや肩こりに悩んでいたというところです

 

つまり、顎の痛みは後発的になりますので、
顎そのものが痛んでいるのではなく、
頸肩こりを起こしているところが原因になっている可能性があります。
 

そこまで読み解けたら、
あとはどこをチェックするかは、目星がつきますので、
検査結果として、右の頸であったということになります。
 

その他の施術は行っていたので、
最後の手段として手のひら整体を行ったようですが、
それが功を奏したようです。
 

「手のひら整体」は、
13箇所の体の部位とリンクする、
手のひらの反射区使った、誰にでもできる整体法で、
 

その場でぎっくり腰などの急性腰痛も緩和してしまうほど、
即効性のあるテクニックですが、
 

検査や見立てと合わせて使うと、
さらにその効果は倍増するんですね。
 

難しいテクニックを使うよりも、
『テクニックをどう使いこなすか』
 

そこに焦点を置くと、実は今まで改善できなかった症状も、
ふとした瞬間に良くなることがあるんですね。
 

ぜひ、この症例を参考にしてみてください。
 

「手のひらを押すだけで痛みが消える!」熊谷剛・最新技術が書籍化・現役整体師からも絶賛の声

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント