目次

  1. 生理学的問題と解剖学的問題を紐解いていこう
  2. 頚椎の問題点を発見、これが原因か?
  3. 頚椎はよくなった、しかし左肩は・・・
  4. まさかここが、五十肩の原因だったとは!?

 

こんにちは!!

プロジェクトABC「凄腕テクニックTV」
ナビゲータの小川です。



さてさて、今回は、先週お伝えした、

疲労回復協会会長の熊谷剛が施術の解説をしている、

「その五十肩の原因はどこから? 前編」の動画の続編にあたります。



前回の記事のポイントをざっくり抜き出すと、

治療家泣かせの五十肩も、

生理学的な問題(運動神経機能や循環機能など)と

解剖学的な問題(筋肉、骨格、結合組織、靭帯など)という2つの観点から分析すれば、

治療も苦なくできるようになる、というヒントについて解説しています。

前回の記事はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hiroukaifuku.jp/honbu/sugotech/cause-where/



前回は、生理学的な施術を行うところまで、解説していきましたが、

今回は、まだ残る肩の痛みの原因をさらに紐解き、

さらに改善までしていく、一連の施術内容をお伝えします。



では、映像はこちらからどうぞ

1.生理学的問題と解剖学的問題を紐解いていこう

熊谷剛:あとは、この段階で負荷がかかっている要素を見つけていく、、、で頸の回旋はまだ取れていないですね。

肩の痛み自体はすこし改善傾向ですけども、

首の関連性のゆがみとしては、「生理学的」なところから解除をしても残っているということは、もっと「解剖学的」なところが残っていると解釈できるんですね

この、「生理学的」と「解剖学的」の2つの問題ですが、

今回の五十肩の治療では、一貫してこの問題について解説しています。



前回もお伝えしましたが、

生理学的な問題とは、運動神経機能や循環機能など、

生命を維持するための機能に何かしらの問題が起きることによって、

症状が発生するという状態です。

そして、解剖学的な問題とは、筋肉、骨格、結合組織、靭帯など、

人間の根本的な構造に何かしらの問題が起きることによって、

症状が発生するという状態です。



生理学的な問題を解消する施術を行い、

それでも残る問題が、解剖学的問題というように、治療を進めていく途中段階で分析をすることで、

患者さんが今どんな状態にいるのかということを紐解くことができます。

では、もう少し詳しく見ていきましょう?

2.頚椎の問題点を発見、これが原因か?

熊谷剛:で、詳しく見ていくと

(頸を検査)
2、3、4、5、6、7・・・・・

2番ですね。2番の左・・・・

検査をしてみると、第2頚椎に引っかかりが見つかります。

ここが左肩の痛みを作り出している原因かもしれません。

頚椎からは、腕や肩の運動&感覚神経が出ていますので、その影響があるかも・・・と読み解くこともできます。

では、この頚椎の問題はどうやったら改善できるのか?

3.頚椎はよくなった、しかし左肩は・・・

熊谷剛:頚椎の問題は、こっち側(右手首)で反応していますね。

施術していくと・・・これで、また起き上がって腕を挙げてみてください。まだ残りますか?

頸は向ける(回旋できる)ようになっていますね、わかります?

で、頚椎2番は(ひっかかりが)消えてますね。なのでここを硬くしていたのが、右手首の問題だった

頚椎の問題は、右手首を施術をすると解消されました。

映像を見ていただくとわかるのですが、施術は一瞬です。

(個人的な要望としては、もう少しゆっくり施術してもらうと解説のしがいもあるのですが・・・・)

ですが、頸の問題を解消しても、まだ痛みは残ります。

そこで、最後の問題点を探していきます。

4.まさかここが、五十肩の原因だったとは!?

熊谷剛:で、あと肩の硬さを出している問題で、まだ痛みがあるということなので、さらに解剖学的に損傷している部分を追いかけていきますね。

ここ(右足首)ですね。

肩と全然関係ない感じがするじゃないですか、でも補正で結局肩の不具合を作り出しているんですね。

で、足首を治すと、、、左肩は柔らかくなっていますね。起き上がっていただいて、どうですか?痛みなくなりましたか?

先生:はい

左肩の痛みの原因は右足首でした。

そして、施術後痛みはなくなり改善しています。

前回の動画と合わせても、ここまでの施術時間は5分ほどです。

しかも、施術を行った箇所で言えば、3ヶ所(頸部、右手首、左足首)のみです。

この、生理学的な問題と解剖学的な問題を紐解くことができれば、

ここまで時間短縮をすることが可能になります。



「こんなことはできるわけないだろ!!」

「症状が軽かったからできるのではないの!?」

と、あなたは思うかも知れません。確かにその通りです。

熊谷剛はこの施術を1回3万円で行っています。

実際に施術内容を見せてもらったことはありますが、症状の程度により多少前後しますが、

施術内容についてはほぼこの流れで行っています。

施術ヶ所も3〜5箇所のことがほとんどです。



でも、そこまで行かないまでも、たとえば30分かかる施術を20分に減らすことは?

10ヶ所ぐらい施術していた内容を、7ヶ所ぐらいにできたら?

工夫次第で短い時間で、施術を提供することは可能になります。



熊谷剛が提唱する理論では、

足首と手首には、症状改善に密接な関係があるポイントが存在します。

このあたりの話をしてしまうと、超長文になってしまいますので、

どこかの機会にまた改めてするとして、、、



もし、五十肩で悩む患者さんがいらしたら、

・生理学的問題と解剖学的問題を分析してみる

・手首と足首へのアプローチをしてみる

ということを意識してみると良いかもしれません。

ぜひ、実践してみてください。



今回の動画も、あなたにとって何かのヒントになれば幸いです。



もう一度、五十肩の効果的な施術を確認する


p.s.
圧倒的な施術を行うのには、努力は必要ありません。

誤解のないように詳しく言うと、無駄な努力は必要ないんです。

その無駄な努力を極力して欲しくないために、

私たちは、オンラインでこの技術を全公開することしました。

詳しくは下のバナーをクリックしてみてください
↓ ↓ ↓

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント