『手のひら整体は3段階で』

「1回たった30秒! 手のひらを押すだけで痛みが消える!」の
『Chapter3「実践!手のひら整体」』の内容についてご紹介します。

今回は”検査→施術→再検査”についてです。




手のひら整体は最初に「検査で」動きをチェックして
痛みがあったり、動きが悪い部分を見極めます。

そしてそれに対応する箇所に「施術」し、
終わった後に痛みや動きを「再検査」します。
この3つの流れは非常に大事なものになります。


こちらでは
・検査のポイント、基本姿勢
・施術ポイント、反射区
・施術のやり方の3つのポイント
を解説しています。

**************

手のひら整体の要である手には15の反射区があります。
それぞれの反射区で効果が異なりますので注意が必要です。
正しく整体ラインを施術することですばらしい効果が得られます。

しかも施術したそばから効果が現れるので、
そのすごさを実感できるでしょう。



ーーーーーー本文抜粋

**************



写真やイラストでひとつひとつの手順が
紹介してあるので、見ながらチャレンジしてみてください!




次回は「Chapter3『実践!手のひら整体』の
「症状別の施術ポイント」についてご紹介致します!



★「1回たった30秒! 手のひらを押すだけで痛みが消える!」ご購入はこちらから

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント