《股関節②》股関節に引っ掛かりがあった・異常があった場合の検査(仰向け)【ABC整体レッスン動画】

小川 響也 2019.07.19

こんにちは
疲労回復整体チャンネル
テクニック小川です。

 

さて本日は
熊谷剛の【ABC整体症状改善レッスン動画】
をご紹介。

今日のレッスン動画は股関節の検査第2弾となります。

股関節を検査するときは軸に注意

前回はざっくり検査を行ってきました。
今回行うのは、そのざっくり検査を行った時、
引っ掛かりがあった際の検査です

 

今回もやり方はシンプルで、
股関節を回旋させていくだけとなります。

 

ただし、シンプル=簡単という訳ではありません。
きっちりと「基準」をつくり、
軸をブラさないように動かすことが重要となります。

 

沼田アシスタントとモデルの僕ぐらい体格差があると、
特に気をつけていないとすぐに軸がぶれてしまいます。

 

どのように行えばブレないか?
というところに注目してみてください。

 

では、こちらをご覧ください。

今日のポイント

 

・腕の力だけで施術をしない

・体重の乗せ方が重要になってくるので練習をしよう

・重心がブレると軸がブレるので正確な検査ができない

 

動画はどうでしたか?

 

股関節に関わる筋肉は、
大きく重要なものが多いため、
股関節の問題のしっかりと見ることができれば、
施術の指標となります。

 

この軸をブラさない考え方と、
重心圧のかけ方は、どんな検査にも応用できますので、
ぜひ練習してみてください。

 

 

本日の動画も
治療のヒントや施術の参考にしていただければ嬉しいです

 

P.S
疲労回復協会でも、
検査は最重要と考えてお伝えしています。
原因を瞬時に見つける能力があれば、
驚くほど早く症状が治っていくことが実感できるはずです。

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント