《骨盤②》細かい検査・仙腸関節の検査①(屈曲or伸展)【ABC整体レッスン動画】

小川 響也 2019.06.06

こんにちは
疲労回復整体チャンネル
テクニック小川です。

 

6月より、
応援マネージャー金原に代わり、
動画紹介案内させていただきます。

 

さて本日は
熊谷剛の【ABC整体症状改善レッスン動画】
をご紹介。

今日のレッスン動画は前回の続きとなります。

股関節のざっくり検査復習と仙腸関節の検査

 

前回の動画を見ていなくても大丈夫ですが、
もし気になる方はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓
《骨盤①》股関節の検査(回す・ざっくり検査)
https://www.hiroukaifuku.jp/blog/abc-lesson/hip-joint-inspection/

 

仙腸関節は整形外科的には
動かない関節と分類されています。

 

ですが、動きをじっくりと見てみると
体に問題がある場合、この仙腸関節の
動きが滑らかでないことがわかります。

 

専門家でも意見が違う
この「仙腸関節の動き」ですが、

 

私たちの考えとしては、
仙腸関節の可動域が、患者さんの
症状改善のために役立つと考えています。

 

ただ、この仙腸関節の検査は
ちょっとコツがいります。

 

アシスタントの沼田も、
見つけるのになかなか苦労していますね。

 

今回は、そんなミステリアスな関節、
仙腸関節の場所をしっかりと見つけるための
コツをお伝えしていきます。

 

では、こちらからどうぞ!

(僕が患者役です。沼田さんとの体格差が・・・・・)

今日のポイント

 

・仙腸関節の可動域を把握する

・関節の「踊り場」を見つけてみる

・軸はぶらさずまっすぐ屈曲する

 

動画はいかがでしたでしょうか?

 

仙腸関節の検査がしっかりできるようになると、
腰痛や下肢の症状の原因がどこにあるのかを
見つけることができるのでおすすめです。

 

やはり施術の要となるのは「検査」ですね。

 

検査と聞くとハードルが高いように思うのですが、
しっかり手順を追えば正しく理解することができます。

 

ぜひ、本日の動画も
治療のヒントや施術の参考にしていただければ嬉しい

 

P.S
疲労回復協会でも、
検査は最重要と考えてお伝えしています。
原因を瞬時に見つける能力があれば、
驚くほど早く症状が治っていくことが実感できるはずです。

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント