《骨盤④》仙腸関節の検査③(内側・外側)【ABC整体レッスン動画】

小川 響也 2019.06.20

こんにちは
疲労回復整体チャンネル
テクニック小川です。

 

さて本日は
熊谷剛の【ABC整体症状改善レッスン動画】
をご紹介。

今日のレッスン動画は仙腸関節の検査第3弾として
仙腸関節の関節面をさらに細かくチェックしていきます

仙腸関節面の細かな検査法

うつ伏せの検査の中でも、
かなり細かい仙腸関節の動きを
確かめる検査になります。

 

腰痛や下肢に問題がある患者様は、
何かしら仙腸関節に問題がある場合がほとんどです。

 

あなたの施術が仙腸関節に直接アプローチするなら
もちろんこの検査は知っておかないといけませんが、
もし、仙腸関節以外への施術をする場合でも、
この検査は確認しておいて損はありません。

 

仙腸関節は体の中心にあり、
「要」の部分となるため、
体の様々な部位の問題にも影響しやすいためです。

 

例えば、頚椎に問題と仙腸関節が連動することもありますし
前脛骨筋の張りが影響することだってあります。
少しマニアックなものだと、側頭骨(頭蓋骨)の動きも
仙腸関節(特に腸骨)と密接な関係があると言われています

 

今回の検査は動画では動きが少なく、
どのように動かしているかわかりづらい部分がありますので、
熊谷会長の説明や、沼田アシスタントの試行錯誤っぷりを見て、
動きのコツをつかんでいただければと思います。

 

 

では、こちらをご覧ください。

今日のポイント

 

・仙骨を固定して腸骨を動かす

・2段階で検査する:①遊びを取ってから②さらに少しだけ引く

・動きとしてはほんの少しなのでそれを感じ取る

 

動画はどうでしたか?

 

今回の仙腸関節の検査は本当に微細な検査です。

 

動画の中でもお伝えしていますが、
力任せに行うのではなく、
手の固定を意識したり、重心移動をうまく使ったりと、
体と手のポジションを意識する必要があります。

 

最初は沼田アシスタントのように、
ぎこちない感じになると思いますが、
(僕の習いたての頃はもっとひどかったですよ・苦笑)

 

何度か練習しているうちに身についてきますので、
ぜひチャレンジしてみてください。

 

本日の動画も
治療のヒントや施術の参考にしていただければ嬉しいです

 

P.S
疲労回復協会でも、
検査は最重要と考えてお伝えしています。
原因を瞬時に見つける能力があれば、
驚くほど早く症状が治っていくことが実感できるはずです。

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント