コツバンの不思議?【新番組】

管理人 2015.04.08

第一回
古今東西 ゴッドハンドの世界
「日本BMK美健整体 大澤訓永先生」

Part.3

こんばんは、
ゴッドハンドの世界ナビゲータの小川です

新しく始まりましたこの

「古今東西 ゴッドハンドの世界 」は、

技術開発の創始者にお会いし、その技術の開発秘話ややり方まで、

根掘り葉掘り聞いてしまおう、そして、受けさせてもらおうという今までにない番組です。

今回はその第一回目ということで

10代のような美だけでなく、
カラダの中から出てくる『大人の美』を創り出すカリスマ整体師

大澤永訓先生(http://bmkbiken.or.jp/
の手技を全5回にわたってご紹介したいと思います。

先週の動画は見ていただけましたか?

まず、まだご覧になっていない先生はこちらのシリーズPart1からご覧ください

http://www.techmani.jp/?p=474

今週お届けするのは、
「美骨盤矯正での腰痛へのアプローチ」

に関するお話をいただいています。

「美骨盤」って響きがいいですよね!!

美しい骨盤になる・・

でも、そう聞くと思い浮かべるのは、スタイルを良くするだったり、骨盤矯正だったり、

女性が美しくなるための手技かな?と思われるかもしれません

美骨盤矯正がなぜ腰痛に効果的なのか?

どこにどのようにアプローチしていくのか?

その秘密はこちらから

「まず仙骨の話ですが…」

と、解説を始める大澤先生。
大澤先生の説明は理論的で非常にわかりやすいですね。

「骨盤はもともと、胸椎や腰椎と一緒でバラバラだったんですが、現在は癒合して一つの形になっていますよね。意味があってくっついたわけですが、それはなんだかわかりますか?」

と、動画の中で問いかけています。

その答えは・・・

「・・・そうですね、土台となって力の分散などの役目も果たすために三角形になって、などなどすべて計算し尽くされた形になっているんですね。
そして、骨盤(腸骨)も、もともと3つだったんです。
だけど、今は癒合しているわけですね、もう境目がわからないぐらいになっていますよね。」

骨盤の構造から、腰痛を見ていくということが、元建築家である大澤先生の特徴です。

骨盤が今その形になったのは、理由があるからだと解説しています。

そして、その中で、癒合していない構造のものがあるのです、、、

そう、それが・・・・

「仙腸関節なんですね!」

なるほど、確かに今ある形を私たちは正解だと見ていましたが、もともとは別々の骨だったものがくっついてできている、それが骨盤の特徴なんですね。

大澤先生は続けて、
「癒合したことも意味があるし、癒合していないということも意味がある」
と言っています。

そして、仙腸関節が癒合していないその意味をさらに聞いてみました!

続きは今回の動画をご覧ください。

次回は「BMK美健整体〜施術〜」についてお届けします。
いよいよ、腰痛治療の実践です!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント