【熊谷剛】腰痛、臀部の痛みの原因がわかる検査法

金原 美幸 2018.09.03


こんにちは

ABC整体チャンネルの金原です。

 

このブログでは、
治療家に役立つ知識や情報、
そして施術のヒントとなるテクニック
を
お届けしています。

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
熊谷剛の技術動画を中心に
公開していきます!

 

では早速今日の動画を
ご紹介します。

本日の動画は、
疲労回復協会の技術セミナー後に行われた
会長熊谷によるミニセミナーでの一部です。

 

今回はその中から
「特殊な検査法」についてご紹介したいと思います!

 

症状の原因を探す検査法

 

<今回、施術を受けた方の症状>

●左側の腰、臀部に筋肉の痛み。じわじわする痛み。

●右足が屈曲で痛む

 

今回のデモストレーションの中で
行っているのは、「TL」(セラピーローカライゼーション)
という検査方です。

 

この「TL」は、ROM異常をみつけたら
ROMが改善する場所をTLでみつけて、
改善していくというような検査法になります。

 

熊谷が施術で使う検査はいくつかありますが、
原因を探す方法としては、
熊谷はこの「TL」しか使いません。

 

それぐらいとても便利な検査法です。

 

実際に動画をみていただくのが
わかりやすいと思いますので
早速こちらをご覧ください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

TL検査は、
症状を引き起こしている
「原因」を見つけられることができます。

 

実際にTLを行うことで、
患者さんも体感していただく
ことができますので、
治療にも説得力がありますよね。

 

TLを使うことで
無駄な施術がなく
治してあげる事ができます。

 

検査法のスキルをもつ事が必要

 

今回、臀部の痛みの原因は、
足にありました。

 

このように「症状」と「原因」が
一致しない場合は多々あると思います。

 

今回ご紹介したTLのように、
検査法のスキルをもつ事で、
短時間で多くの患者さんの症状を改善する
事ができます。

 

ぜひ、今回の動画も
ご参考にされてください!

 

P.S
TL検査法は、
疲労回復協会でお伝えしています。
気になる方は
ぜひセミナーにご参加くださいね。

では、来週もお楽しみに!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント