たった数分の施術で、患者さん自身が感じていなかった症状も改善する

金原 美幸 2017.10.30


こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

 

治療家の先生に役立つ知識や情報、
そして治療のヒントとなるテクニックを
お届けする『テクマニ』

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である

『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

治療家の先生が、明日からの施術の
参考となるような動画をお送りしていきます!

 

さて、今回の内容は、
疲労回復協会のセミナーでお伝えしている
レベル1(旧:ベーシック)での施術の
一部になります。

 

数分の検査と施術によって
症状が改善する様子をご覧ください。

患者さん自身が感じていない症状を見つける

治療院に来られる患者さんの中には、
腰痛や肩こりといった症状ばかりではなく、

・段々よくなってきた

・今は症状は落ち着いてる

・特に痛みはないけれど・・

 

というような状態でこられる方も
いると思います。

 

このような場合は、
検査をする事によって
患者さん自身が痛みや症状が出る前の
状態を把握しておく事ができます。

 

また、検査をする事で
患者さん自身が感じていない症状を
見つける事もできます。

 

患者さん自身が現在の状態を
知ることはとても大切な事ですね。

 

治療家のプロとして、患者さんにわかりやすく問題点を提示してあげる

ただ、患者さんは体に関して素人になります。

治療家のあなたが症状や変化に気がついても、
患者さんは、イマイチわかっていない
事が多いのが現状です。

 

そんな患者さんのためにも、
しっかりとした検査で問題点を提示し、
患者さん自身にも気づいてもらうことが
大切ですね。

 

 

今回の動画では、
検査の仕方、見せ方などに
注目してみてください。

 

デモンストレーションを受けられた先生も
初めは「特に症状はありません・・」
と言う事でしたが、

 

数分の検査で
骨盤、肩、腕など・・
次々と不具合がわかってきました。

 

そして、施術を受けられたあとは
先生自身もしっかりと変化を感じています。

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

検査や変化の見せ方を工夫すれば信頼関係とリピートにも繋がる

いかがだったでしょうか?

 

しっかりとした検査と施術で、
その場で患者さんに変化を体感してもらうこと。

これができれば、患者さんと
信頼関係を築く事もできますよね。

 

リピートや定期的な
メンテナンスにも繋がりますので、
ぜひ今回の動画も参考にしてみてくださいね。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント