【熊谷剛】骨折後の後遺症治療

金原 美幸 2018.09.10

こんにちは
ABC整体チャンネルの金原です。

 

このブログでは、

治療家に役立つ知識や情報、
そして施術のヒントとなるテクニックを
お届けしています。

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

疲労回復協会会長の熊谷が、
古傷に対して施術を行う動画は
今までにもいくつかご紹介してきましたが、
この施術も必見です!

骨折治療後の後遺症状

固定などの適切な処置をして
骨折は完治したけれど、
違和感がある。

 

骨折後、このような後遺症で
悩まれている方は
少なくないようです。

 

症状としては、

・しびれがでる
・力が入らない
・むくみや腫れ
・可動域が狭くなった

 

などなど・・・。

 

症状としては、
ほんのちょっとしたもの
かもしれませんが、

 

体は症状をかばうようにして
動くようになりますので、

 

それが続けば、体にゆがみがでたり
様々な問題に発展していきますよね。

 

 

直接原因にアプローチして改善

今回施術を受けたのは、
手首を骨折された治療家の先生になります。

 

治療家にとって、
手は商売道具ですから
しっかり治していただきたいですよね!

 

今回は、セミナーに参加されていた先生に
指導しながら治療を行なっている
珍しい動画になります。

 

手元の映像がメインなので、
治療のポイントも
わかりやすくなっています。

ぜひ、こちらからご覧ください!

 

いかがでしたでしょうか。

今回は直接原因にアプローチし
改善させました。

 

疲労回復協会では、
このような怪我の後遺症の他に

・ 四十肩、五十肩
・ ヘルニア
・ 手術痕

など、いわゆる重傷疾患と
言われているものにも
対応できる施術方法をお伝えしています。

 

ぜひこちらもご覧ください

また来週お楽しみに!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント