1ヶ月以上治らない突き指の原因を見つけて改善する

金原 美幸 2018.10.01

こんにちは
ABC整体チャンネルの金原です。

 

このブログでは、
治療家に役立つ知識や情報、
そして施術のヒントとなるテクニックを
お届けしています。

 

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

身近に起きる外傷

突き指は、
スポーツに限らず普段の生活でも
起こる身近なケガの一つですが、

 

なかなかよくならず長引く
イメージがありますよね。

 

・腫れがひかない
・曲がりづらい

 

などという症状で来院される
患者さんもいらっしゃるかと
思います。

 

 

また、少し調べてみたのですが
しっかり治さないと
こんな後遺症が出るケースも
少なくないようです。

 

・握ると指が痛む
・指がまっすぐ伸びきらない
・関節の節が他に比べて太い

 

なので、突き指の患者さんが
来院されたらぜひしっかりと治して
あげてくださいね。

 

ただ、もうすでにいろいろな
治療方法を持っている
という先生も多いとは思いますが、

 

今回の動画は、
これから施術を行う際の新しいヒントになると
思いますのでぜひご覧ください。

 

<症状>

右手人差し指の突き指

1ヶ月以上経過するが腫れがひかない、指が曲がりづらい

 

突き指の原因を見つけて改善する

いかがでしたでしょうか?

 

今回の症状の原因は
指ではなく腕の方にありました。

 

このように
「症状と原因が一致しない」
というのはよくあるケースか
と思います。

 

特に今回のように
1ヶ月以上たっても
症状が改善されない場合などは、
他の原因が考えられそうですよね。

 

 

今回のように検査で原因をみつける事ができれば
無駄な施術なく改善することができます。

 

ぜひ、今回の動画も参考にされてみてください。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント