秘密は頚椎!【3分間で症状が改善する】

金原 美幸 2018.04.23

こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

 

このテクマニ通信では、
治療家の先生に役立つ
「知識や情報」そして「治療のヒント」
となるテクニック
をお届けいたします!

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

明日からの施術に
参考となるような動画を
お送りします。

頚椎に手を触れることなく症状改善ができる方法

本日のデモンストレーション動画は、
いつもとは少し違って
手技は一切使わずに症状を改善する内容になります。

では、どうやって改善させるのか。
気になりますよね?

 

ぜひ、動画と合わせて最後までご覧ください。

 

【症例】頸と右肩に可動域制限がある状態

今回施術を受けられたのは、
セミナーに参加されていた先生になります。

 

まず、熊谷が身体の状態を見てみると
頸と右肩と骨盤に問題があるようです。

 

動画をみていただくと詳しくわかりますが、
その影響で右肩と骨盤に硬さが出ています。

 

では、これを改善させるために、
手技は一切使わないで、
どうやって改善させるのでしょうか。

 

熊谷剛:人間の身体のバランスを取るところは、
基本のベースとしては、頸と骨盤と足なんですよね。

どんな症状の場合でも
頸はチェックしますし、骨盤も、足も見ます。

重心の問題としては、この3つは重要な場所なので・・・・
その中でも一番最初に問題が起きるのは頸。
疲れからくる反射ですね。

(疲れからくる身体の)反射を解除するものとしては、
頚椎の負荷を抜くのが非常に楽なんです。

なので、この枕が非常に役に立つんですね。

 

ここで登場するのが『整体まくら』になります!

 

まず、体の歪みを改善する
3つのポイントとして重要なのが、

・頚椎
・足関節
・骨盤

 

と熊谷は言っています。

 

そして、その中でも一番のポイント
になるのが頚椎へのアプローチです。

 

今回は、この頚椎の調整を
整体まくらに寝ていただくだけで行なって
いるのです。

 

早速、動画をご覧ください!

 

なぜ整体まくらだけで身体が改善するのか

整体まくらを使って
頚椎の負荷を最小限にしていくと、
自律神経系の問題が解消されます。

 

なので、あとは患者さんの
血液循環がよくなれば、
勝手に身体の歪みが解消してくる
というものになります。

 

例えるなら、この枕に寝ているだけで
熊谷の施術を受けることと同じ効果を得られる
という事なんですね。

 

今回はまくらに寝ていただくだけで、
手技は使いませんでした。

 

このように、疲労回復協会では、
まくらなどの整体器具のアイテムを利用する事も
おすすめしています。

 

手技による施術と合わせて
アイテムを利用する事で
患者さんの症状を最短で容易に
改善する事ができます。

 

ぜひ、今回の動画も参考にしていただき、
明日からの治療にお役立てくださいね。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント