手術痕への施術テクニック

金原 美幸 2017.12.11


こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

 

治療家の先生に役立つ知識や情報、
そして治療のヒントとなるテクニックを
お届けする『テクマニ』

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

治療家の先生が、明日からの施術の
参考となるような動画をお送りしていきます!

 

さて、今回は熊谷のミニセミナーより、
手術痕のある方の施術動画を
ご紹介します。

 

手術痕への施術

治療院にくる患者さんの中には、
ケガや手術後の後遺症で
悩まれている方もいるかと思います。

 

手術痕の癒着なども、
よく聞きますよね。

 

今回は、ガングリオン嚢胞で
右手首に手術経験がある方の
施術になります。

 

現在は、
右の肩鎖関節に
痛みがあるということです。

 

早速、症状改善へ向けて
原因を探って行きます。

こちらから治療動画をご覧ください。

 

肩の可動域を検査

原因の特定するためには、
正確な検査力が必要になります。

 

ここでは、肩の可動域をチェックし
左右の違いなども患者さんに
確認しながら慎重に進めています。

 

そして、検査からは、
肩の可動域に制限があり
その原因に治療痕が影響している事
がわかりました。

KSテクニック

今回熊谷が行なっている施術は、
KSテクニックというものになります。

 

これは、疲労回復協会でお伝えしているもので、
五十肩や捻挫、急性痛、手術痕問題などの
難治症状に対して、アプローチができる手技です。

 

動画でもわかる通り、
施術時間は短いですが、
大変効果が高いものになります。

 

施術のあとは、
腕が回しやすくなっているのが
わかると思います。

 

更に手の指に対して、
部分的に施術を行う事で
指の動きも改善されました。

 

いかがでしたでしょうか?

肩や背中、腰などに不調を感じる場合、
古い傷あとや手術痕が原因となって
いることは多々あります。

 

そして、
このような症状の改善には、
KSテクニックは大変有効です。

 

治療の幅がグッと広がる
手技になりますので、
ぜひ、こちらも参考にご覧ください。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント