テストしてる?

熊谷 剛 2015.04.20


from:熊谷剛

一流治療家スキルプログラムvol.15

人間の体って本当に不思議なもので、

肩こり、腰痛、頭痛、、、、

いろいろな症状があるけど、肩に施術しても良くなるし、
腰を施術しても良くなるし、足に施術しても良くなるし。。。

と何がいいのか良くわからない。

僕は臨床上よく思うのは

「症状の出ているところに原因はない」

ということ。

ほとんどの場合、このケースだ。

だから、患者さんには驚かれるけど

腰痛でも肩を直して改善させたり、首を直して改善させたりする事がよくある。

確かに、傾向はある。

しかし、腰痛だからここ。肩こりだからここ。頭痛だからここ。

こういった考え方は治療家が求めがちだけど残念ながら存在しないと思っている。

何度も言うけど、傾向はある。

だから、腰痛の場合はこの付近が、、、

肩こりの場合はこの付近が、、、

などといったところはある。

でも、この付近というポイントも全員ではない。

僕の究極の目標は1箇所を調整するだけで
全てが改善するポイントとその方法を見つけ出すことだ。

なんだか、ありそうな気もするし一生見つけられない気もしている(笑)

しかし、人間の機能を見ていると何やらありそうな気がしている。

この様に色々なアプローチで身体は改善することができている。

だからこそ、世の中にはこれだけの施術方法が存在している。

良いものからダメなものまで。。。

まぁ、ダメってことはないんだけど、いろいろ比べられるようになると

これだったら、あっちの方が効果的に治ってるね。

ということがわかってくるのだ。

なぜ、わかるのかと言うと、

前にも書いているかもしれないけど、
僕は身体がどう変化しているのかをROMで確認することが出来る。

おそらく、ROMの検査なら日本でもトップクラスだと思っている。

申し訳ないが、本気で思っている。

僕よりもうまく施術できる人はたくさんいると思う。
しかし、僕よりもうまくROMの検査を出来る治療家にあったことがあまりない。

なぜ、そう言えるかというと、

今までずっとROMを基準にテストを繰り返してきたからだ。

このROM検査が僕の施術の生命線だ。

今、僕の施術はエネルギーが中心となっている。

しかし、検査はROMだ。

ROM検査でチェックしエネルギー療法を施しROM検査で効果が出ているのか確認している。

はっきりいって、エネルギー療法が効果がているかどうかってわからない。

目に見えないし。

でも、体の変化をチェックできれば効果が出ていることを確認することが出来る。

そして、その他の施術方法との優位性も。

治療家に技術を教えていると不思議に思うことがある。

それは、結果を確認しないことだ。

正しくできているだろう。

これできっと良くなるだろう。

ほんとに?

と僕は思ってしまう。

僕が小心者だからかもしれないが、僕はとても不安だ。

これで良くなるのだろうか?

僕の施術は効果的にできているのだろうか?

常に自分に問いかけていた。

そして、それを患者さんの身体に問いかけ確認してきた。

その蓄積が今では膨大にあるので、どうなるかわかる。

患者さんの体がどうなるか読める。

未来が見えるわけだ。

それは過去の経験から未来が読める様になるからだ。

ほとんどの治療家はこの効果判定をしていない。

だから、いつまでたっても自分の施術に自身が持てない。

自身を持って出来ている先生といつまでたっても自身が持てない先生の違い。

それは、

テストを繰り返しているかどうか。

これだと思う。

テストは

1,現状の判定
2,施術
3,結果の判定

これで初めてテストと言える。

あなたはどうだろうか?

「はい、うつ伏せで。」

「はい、終わりです。」

こんな施術になっていないだろうか?

こんな施術をしていて

「どうやったら治せるようになりますか?」

こんな質問をしていないだろうか?

僕は断言できます。

こんな施術フローで仕事をしていたら一生治せるようにはなりません。

と。

毎回毎回、テストを繰り返すと1か月後には膨大なデータが手にはいります。

テストは一人の患者さんで数回から数十回出来るのだから。

必ず実施してくださいね。

僕はこのテクニックで長い間検証してきました。

これが出来ると確実に施術の精度が上がりますよ。

http://www.quattroheart.com/koten/

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント