<強押し・ソフトな施術>違いは防御反射【熊谷剛のQ&A】

金原 美幸 2019.05.03


こんにちは
疲労回復整体チャンネルの金原です。

本日はゴットハンド熊谷に聞く!
<熊谷剛のQ&A>をご紹介します。

 

この動画では全国の整体師から届きました
「技術の質問」や「お悩み」に
疲労回復協会会長である
【熊谷剛】がお答えしていきます。

 

 

刺激の強さによって施術効果に差が出るか?

 

今回は、施術をする時の
『強い刺激と弱い刺激』
のご質問になります。

 

刺激の強さによって、
施術効果に差が出るのか。

 

気になるご質問ですよね。

 

今回も熊谷が動画で詳しく解説していますので
ぜひご参考にしてください!

 

今回のご質問

Q. 質問
「疲労回復協会の手技はとてもソフトで効き目あるんですが、
強押しのマッサージや、トリガーポイント、マイオセラピーなど強刺激の治療法でも、
治る人、治らない人いらっしゃいます。
強刺激で治る方、弱刺激で治る方、違いは何でしょうか?」

 

 

熊谷の回答はこちらから

↓↓↓

 

 

回答のポイント

いかがでしたでしょうか?

 

ポイントは、

・強いか弱いかではなく
「防御反射」が起こるような触り方を
していないか。

 

・「正しい場所」に
刺激を与えることができているか。

 

となります。

 

従って、防御反射が起こらない触り方で
適切な箇所にアプローチすることができれば
強い刺激でも弱い刺激でも治せるという事ですよね。

(ただ、弱い力の方が防御反射は起こりにくいようですね)

 

そして、そのためには

「触れ方」
「検査力」

 

の技術が必要になります。

 

現在のあなたの触れ方はいかがでしょうか?

正しい検査で、
適切な箇所にアプローチはできていますか?

 

ぜひ、本日の動画を参考していただき
技術の見返しのヒントにしていただければ
嬉しいです!

 

また次回もお楽しみに♪

P.S
疲労回復協会では
「触り方」「検査」を学ぶことができますよ!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント