理念をもって施術してる?

熊谷 剛 2015.07.27

from:熊谷剛

一流治療家スキルプログラムvol.27

僕達治療家は何かしらの思いを持って施術をしている事が多いだろう。

僕は

ひとりでも多くの人の体の不調を解決したい。

こう思っている。

そして、僕の会社の理念は

「お客様の健康を実現する。」

そのための施策として

・整体院運営
・プロ整体師の養成
・プロ整体師の教育
・整体器具の開発と提供

こんな事を行っている。

これはウチのスタッフも全員理解していることだ。

さて、今度はあなたの番だ。

あなたはどんな理念のもと施術を行っている?

その理念をどのように行動に落としている?

これをしっかりしているかどうかで、患者さんへ提供できる事も大きく変わってしまう。

そう。大きくだ。

逆に言うと、今、上手く行っていなければ、この理念がおかしくなっていたり又はそもそも設定していない可能性がある。

先日、コンサルティングを行ってきたのだけど、

そこの治療院も理念があやふやだった。

その事に気づいてもいなかった。

そしてその結果、経営も微妙だった。

今回はその理念の土台を作ってきた。これでスタッフさん達はどこにいけばいいのかが理解できるので行動に専念できるようになる。

こうなれば必ず結果が出る。

自分一人でももちろん理念は重要だけど、スタッフを抱えるようになると余計重要になる。

オーナーが思っている方向と同じ方向を向かなければ、一緒に同じ所までいけるはずがない。

でも、
「何やってんだ!!」

みたいに怒ってしまったりする。

あなたも経験ないかな?

なぜ、今日、こんな話をしているかというと技術もこれを見失うと成長しないからだ。

例えば、始めこの協会に入ってきた時には

「患者さんの症状を治してあげるんだ!」

みたいな感じでこの世界に入ってきたとしよう。

それがテクニックを学ぶうちにこう変化する。

「俺はこのテクニックを提供するんだ!」

残念。

患者さんはそのテクニックを受けたくて来院しているのではない。

症状を治したくて来院しているのだ。

どうしても、理念を忘れてしまうと自分本位の考え方になってしまう。

するといくら技術レベルが高くなったところで結果は出にくい。

全ては理念のもとに行動するのだ。

そうすれば目的を見失うこと無くあなたが描いた未来に最短で到着することが出来るはずだ。

技術を磨いて磨いて、、、
けど、数年前とあんまり変わっていない。。。

こんな状態ならもう一度初心に帰ってみることがその解決策だったりする。

理念。

かなり重要なので時間を掛けてしっかりしたものを作ってみて欲しい。

それが患者さんを回復に導く動力になるのだから。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント