楽しく動画で解剖学!【大内転筋】

小川 響也 2016.08.07

20160807
 
こんにちは
 

「ナルホド!整体基礎講座」

 

今回は、

解剖学「大内転筋」について解説していきます!!
 

張り切って行ってみましょう!!

【動画のポイント】

 

・[前回の答え]靭帯と腱の違いって知っていましたか?

・触診は挟むだけ!ね、簡単でしょ!!

・O脚に悩む方は要チェックですよー

 

続きは動画でご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

 

大内転筋は大腿部内側にある、

内転筋群の中でも、一番大きい、

そして、一番活躍している筋肉です。
 

実は、ただただ内転を担当しているだけの単純な筋肉ではないんですね。
 

筋肉は、解剖学で勉強すると、

一つ一つが単体として機能していると思いがちですが、
 

様々な連動を起こしています。
 

それだけでなく、

筋肉が単体と思いきや、

実は停止部で束になったりしていたりします。
 

この大内転筋や、

「鵞足部」などもそうですね。
 

(「鵞足部」も今後、動画で紹介しますよ~)
 

まずは教科書通り筋肉の機能を覚えることが大切ですが、
 

他の筋肉との連動やつながり、

影響なども読み解けるようになると、
 

患者さまの問題発見が容易になるので、

施術がどんどん楽しくなってきますよ!!
 
 
いやー、解剖学ってほんと、

楽しいですねー♪
 

では、また次回!

お楽しみに!!

 

小川 響也

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント