楽しく動画で解剖学!【上腕三頭筋】

小川 響也 2016.05.15

こんにちは

治療院で、
「上腕三頭筋の動きって、肘を伸ばすだけだっけ?」
「上腕三頭筋ってどこからどこまでの筋肉?」
「解剖の教科書を見ても、よくわからないや…」

なーんて悩んでいるあなたに!!!

「ナルホド!整体基礎講座」

今回は、
解剖学「上腕三頭筋」について解説していきます!!

張り切って行ってみましょう!!

【動画のポイント】

・[前回の答え]人間の身体ってすごく合理的にできているんですね。

・実は、上腕の2/3は上腕三頭筋だった!

・猫背や首肩のコリは実はここのアプローチで改善?

続きは動画でご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

上腕三頭筋は、
動画の中でもお伝えしましたが、

上腕の中で一番大きな筋肉です。

ただし、大きい割に普段使うことが少ない筋肉でもあります。

よく、二の腕がタプタプが気になるなんて話がありますよね。
あれは、日常的に使いづらい筋肉だからなんですね。

そして、使っていないからこそ、
硬くなりやすい筋肉でもあります。

でも、腕の後ろが疲れてくるなんてことは、
そうそう感じませんよね。

実は上腕三頭筋に問題が起こってくると、
腕ではなく、猫背や肩こりといった、
肩首背中周りの辛さが現れやすいんですね。

ですので、もし、
猫背や肩こりの方がいらしたら、

この動画でお伝えした上腕三頭筋のポイントを、
ぜひ、チェックしてみてください。

では、また次回!
お楽しみに!!

小川 響也

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント