エネルギー治療のこんな幻想は捨ててください

小川 響也 2018.04.17

こんにちは

凄腕テクニックナビゲーターの小川です。

 

今回のテーマは、

エネルギー治療のこんな幻想は捨ててください

ということで、お伝えをしていこうと思います。

エネルギー治療を学ぼうという先生はぶっちゃけ・・・・

前回「エネルギー治療はどうなの?」という事をお伝えしまして、その続きといった形ではあるのですが、

エネルギーを学びたいと思っている先生に、ちょっと勘違いされている方が多いので、

いやいやちょっと待てよということで今回テーマで話をしたいと思います。

 

で、それは何かというと、

「エネルギー治療を学べば、なんでも治るようになる」

という幻想はぜひ捨てていただきたい、ということです。

 

一応、誤解のないように言っておきますと、

これはエネルギー治療そのものの効果として、なんでもは治らないと否定しているわけではありません。

体を治す、という目的をもって行う方法としては、非常にクオリティが高い技術だということを、すでに実証されている先生もいますし、

実際に僕自身もエネルギー治療を受けて体感しています。

 

問題は、それをみて表面上のことだけ理解して、

「なんか治りそうだからやってみたい!!」とおもう治療家の先生自身に対して、です。

 

何かというと、エネルギー治療に興味があると聞いてくる人の大半は、

ぶっちゃけ『手技が大したことなくて治せない』人が多いんですよ。

 

まぁ、すべての人がそうではないと思います、本質を理解してエネルギー治療を学びたいと思っている方は、

多分、2割くらいかなあと思いますね。

エネルギー治療を学ぶ前に必要な大前提って知っていますか?

でもね、わかるんですよ。

エネルギー治療って、なんだか神秘的じゃないですか。

まぁ、反面すごく怪しそうと思う方が多いのも現実なんですけど・・・・

 

でも、それって手技では解決できない、一般の医療などでは治せないものも治せる可能性がある、そう理解されているからなんですね。

 

ま、僕自身もこうやって解説してても、

やっぱりエネルギー治療って怪しいなって思いますからね(苦笑)

 

で、なぜ「エネルギー治療を学べば、なんでも治るようになる」という幻想を捨てるべきなのかというと、

 

2つ理由があります。

 

まず一つが、手技の研究が進んできて、

腰痛や肩こりといった、いわゆる治療院で対象とするレベルの症状であれば、

8〜9割方治せるようになってきたということです。

 

つまり、エネルギー治療を学ぶよりも、手技で行う治療技術をもっと磨いていったほうが、より早く患者さんを治せる世の中になってきているんですね。

治せるようになるためには、何もエネルギー治療だけが選択肢ではないわけなのです。

 

そして、もう一つは、

エネルギー治療を本当に学びたいと思うのならば、

そもそも手技ができていないと、習得できないという現実があるからです。

 

それには、エネルギー治療を学ぶ上で、大前提として必要な知識とスキルがあるんです。

それが何かというと・・・

続きは動画で詳しく解説していきます
 ↓ ↓

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント