非常識なゴッドハンドの秘密【自分を疑うという非常識】

こんにちは

凄腕テクニックナビゲーターの小川です。

 

「それホント、整体の常識非常識」

治療家のあなたにとって、知っておくべき常識や非常識だったり

はたまた、古い常識だったり・非常識と言われているものが実は正しかったり

そんな様々な気づきをお伝えできればなと思います。

ゴッドハンドを目指すためには

治療業界でゴッドハンドと呼ばれる先生は、

なぜあそこまで秀でた結果を出し続けれるのか?

 

技術の開発、難治な症状の治療、技術の啓蒙活動、治療院の発展

 

おおよそ、普通に治療の勉強をしているだけでは到底たどり着け無い域にいるように感じてしまいますよね。

 

ただの憧れの存在ならば、「いやーすごいなー」と思って見ているだけ、

それでいいかもしれません。

 

でも、治療家として、患者さんをより健康に導きたいと思うのなら、

やはりゴッドハンドと呼ばれる先生と同じような事ができるようになりたい、

と考えるのでは、と思います。

 

でも、実際あまりにも差がありすぎるように見えて、

・どうやったらその域まで行くのか

・どんな事をしたらいいのか?

という事がよくわかりません。

 
はい、僕も実際そうでした。

ゴッドハンドは非常識

自称、ゴッドハンドマニア(※注意:自分がゴッドハンドでは無いです・笑)

である小川が、疲労回復協会でそこそこ偉そうな立場と

もともと持っている図太い偉そうな態度(笑)をフル活用し、

 
様々なゴッドハンドの先生と交流してきた結果、、、

ゴッドハンドの先生には、幾つか共通があることがわかりました。

 
1回では伝えきれ無いかもしれ無いので、不定期に何回かに分けて紹介していこうと思いますが・・・

 

まずは、今回は

「非常識なゴッドハンドの秘密【自分を疑うという非常識】」

というテーマで、ゴッドハンドに近づくためのヒントを紹介したいと思います。
 

続きはこちらから
 ↓ ↓

 
今回はここまで。

 
では、またお会いしましょう

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント