楽しく動画で解剖学!【膝蓋骨】

小川 響也 2016.07.03

20160703

こんにちは

治療院で、
「膝蓋骨って膝のお皿のあれだよね?」
「で、膝蓋骨は種子骨というところまでは知っているけど」
「お皿にお水が溜まる、なーんていうけど何か影響あるのかな?」
「というか、なんで膝蓋骨って存在するの?」

なーんて思ったことはないですか?

「ナルホド!整体基礎講座」

今回は、
解剖学「膝蓋骨」について解説していきます!!

張り切って行ってみましょう!!

【動画のポイント】

・[前回の答え]骨盤に影響する筋肉ってこんなにあったんですねー

・支点、力点、作用点!人間は力学の塊だ!!

・膝蓋骨と膝痛の関係性とは?

 

続きは動画でご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

膝蓋骨はかなり不思議な人体の部位の一つである!

と、個人的に勝手に思っています!!

というのは、骨というと、
「骨格」や「骨組み」というとおり、

いわゆる体を支えるための、
柱のような役目をしていると考えますよね。

しかし、この膝蓋骨(種子骨)は
「靭帯または腱の中に発生する類円形の小骨」
とあるわけです。

初めて知った時は、なんじゃそりゃ!と思いました。

しかし、さすがは人体!
無駄なものは一つもなかったんですね。

解剖学は、体の構造を知るというところから、
なぜ、その構造があるの?

というところまで紐解いていくと、
私たち施術の世界にも生かせるヒントが、
たくさん詰まっていることがわかります。

意味があるからそこにある、
理由があるから問題が起こる
原因があるから症状も現れてくるわけですね。

もっともっと、
体のことを紐解いていきましょう!

では、また次回!
お楽しみに!!

小川 響也

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント