重力に逆らう筋肉の重要性【動画講座】

小川 響也 2016.03.18

from 小川 響也

『ナルホド!整体基礎講座』vol.9

こんばんは

小川響也
改め「テクニック小川」です!!

「ナルホド!整体基礎講座」

明日からの施術のヒントになる、
「ナルホド!」な技術や知識の情報を、
動画でお伝えしていきます。

今回は、
解剖学「肩甲挙筋」について!!

では、張り切って行ってみましょう!!

【動画のポイント】

・重力拮抗筋は負担が大きく症状につながりやすい

・肩甲挙筋へのアプローチのポイントとは?

・肩甲骨—肋骨間にも関節の名前があることを知っていましたか?

続きは動画でご覧ください。

肩甲挙筋は、
その名の通り、肩甲骨を持ち上げる筋肉です。

僧帽筋はその形で名前が付いているのに、
肩甲挙筋はその筋肉の働きで名前が付いている、

筋肉の名前には、
いろいろな由来があるわけなんですね。

筋肉の名前を思い出す時も、
その名前の由来が持つ特性を頭に入れておくと、
以外とすんなり理解できたりするんですね。

次回以降も、
名前と特徴について、
しっかりと解説していきますね。

さて、
で、

この「挙筋」と付く筋肉は、
もしくは重力に拮抗している筋肉は、
衰えるとあることに直結します。

それは、
「老化」して見えるということなんですね。

わかりやすいのは、
猫背や顔のシワですね。

ピンとした姿勢や、
ハリのあるお肌は、
重力に逆らっている機能が
しっかりと働いているからなんですね。

重力に逆らい続けると、
疲れてしましますので、

そういった筋肉をケアしたり、
休ませることが、
大切になってくるんですね。

今回の動画講座はいかがだったでしょうか?

あなたの明日からの施術に、
少しでも役立てれば幸いです。

では、また来週!
お楽しみに!!

小川 響也

p.s.

今回の感想はこちらから

テクニック小川のテンションの高さは、
あなたの声援で支えられています(笑)

アナタが知りたい知識のご要望も、
ぜひぜひ教えてください!!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント