腰痛シリーズ5

小川 響也 2015.07.31

from 小川“校長”響也

『校長のお宝動画発見!』vol.29

こんばんは。

僕からは主に
過去に配信された動画や
非公開のシークレット動画などなど

明日の施術に役立つ動画を
チョイスし紹介していきます。

今回は、腰痛の原因はない!?というテーマで、
シリーズでお伝えしています第5弾、
今回で最終回になります。

第1弾から見る場合はこちら
http://www.techmani.jp/ogawa/no-cause-low-back-pain/

今までの第1〜4弾の流れを見ている方はお気づきかもしれませんが、

今回動画でお伝えしている考え方は、
腰痛以外の症状にも当てはまることなんですね。

詳しくは、今回の、
「腰痛の原因はない!?」シリーズ第5弾をご覧ください

5分ぐらいの動画ですので、ちょっとの合間にも視聴できますよ。

【動画のポイント】


今回は、腰痛の原因はない!?シリーズ

今回は、「損傷」によって腰痛が起きるということで、
お話をしていきたいと思います。

損傷は、簡単に言ってしまうと傷が付いている状態になります。

ですので、いわゆる「ケガ」の状態というのがわかりやすいかなと思いますね。

ケガをすると痛いですよね、、、

足をくじいたりとか、
あとは、腰をひねった時にぎっくり腰で痛めるということも、
この損傷が起きているから、痛みが現れるのではないかと、
言えるわけなんですね。

この、ケガ(損傷)なのですが、

いわゆる外傷的なものともうひとつ、、、

続きは動画でご覧ください。

一流のセラピストの条件の一つ
「お客様にあった技術が提供できること」

一流のプロはお客様の体調、体格、状態を読み取り今、身体が必要としている技術を提供することができる施術者です。

繰り返しお伝えしていますが、
「原因」って本当に一つだけなのか?
と思うのです。

腰痛にしても、前回お話しした、
脳の問題やストレス、神経圧迫や先天性のものなど、
考えれば考えるだけあるのですよね。

もちろん、科学的や医学的に原因が解明しているものはあります。

ですが、私たち施術家のところにいらっしゃるお客様は、
そんな科学的や医学的に証明しづらい方が多くいますよね。

だからこそ、様々な視点を持って、
知識を深め、本当にそのお客様が求めている問題解決法は、
なんなのかということを、導き出すことが大切だと考えます。

世の中には、星の数ほどの治療技術があります。

どれが間違っている、何が正解ということはなく、
それぞれが、結果を出せているから、世の中に残っている、
そして、受け継がれているわけなのですが、

それをどう使いこなすか、のゴールは、
『ひとつ』ではないかと思っています。

それは、

「どうやって、お客様の求めている問題解決の方法を行うか」

その、精度を上げていっている先生が、
結果的にゴットハンドと言われているのではないでしょうか?

今回の動画が、何かのヒントになれば嬉しいですね。

これからも、お蔵入りや非公開の動画も含め
どんどんと公開していきたいと思いますので

お楽しみにしていてください。

p.s.

腰痛シリーズ動画、いかがだったでしょうか?

動画の感想はこちらに、
ぜひぜひいただければと思います^^

次は、こんな動画回答をやってほしいなどの、
リクエストも受け付けています!!

p.p.s.
問題解決の近道は、
「検査」という形でお客様の体が訴えるサインを見つけることです。
施術力を100倍にする「検査」の真髄を学びたかったらこちら。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント