小川 響也

小川 響也 2015.01.08

初めまして、小川響也です。

「患者様の健康を実現できる施術者を創造していく」 僕が運営チームリーダーを務めています疲労回復協会では、 そういった理念のもと、1年前に発足しまして、 現在全国400名の施術家の先生が学び、技術を研鑽する場として発展し続けています。

僕が一番大切にしていることは「ご縁」です。
家族のご縁、親友とのご縁、素晴らしい先生方とのご縁、 そして何より患者様とのご縁です。

私たちが関わっている施術という仕事は、 患者様の健康に携わり、喜ばれ、感謝される数少ないものだと思います。

患者様にも生活があります、

もしかしたら、今日ぎっくり腰でいらした患者様は、 日本の経済を大きく動かすプレゼンを、明日に控えた方かもしれません。

台所に立つことができず、お腹を空かせた子供の為のご飯を作りたい一心でいらしている方かもしれません。

ご縁あった患者様に直接かかわり、健康を提供することで、 その患者様が豊かになり、その豊かさの輪をもっと広げていける、 大げさに言うと、日本をもっと元気に出来るのだと強く思い描いています。

オンラインスクールを通して、そういった豊かさの輪を広げていける、 発信していけるような、施術家になっていただきたい!

そのためには、 やはり、自分の施術に自信をもって臨んでほしいのです。

疲労回復協会の先生は、主に「技術に自信が持てないため」に繁盛していない、 リピートが取れないと、問題を抱え悩んでいる方が大半です。

では、そういった先生が技術を身に着けることで、繁盛していけたかと言いますと、 技術を生かし、格段に多くの患者様に喜ばれている先生と、 そうではなく、治療スキルは上がったけど…とまだ想い悩む先生がいます。 同じ技術レベルを身につけているのに、その差は何なのでしょうか?

トップ1割の先生方は何が違うのかと研究してみたとき、
・しっかりと、患者様の問題点を把握していた
・その問題点を、患者様に解かりやすい言葉で伝えていた
・患者さんの問題点から、適切なアドバイスを自分の言葉で伝えていた
そこだったのだと解かりました。

至極当たり前のことを言っていると思われるかもしれませんが、 実際、とびぬけて成果を出している先生は、 とても、シンプルで単純で基礎的なところをきっちりとしていた、

それだけなのです。
テクニックマニアでは、 熊谷、川満DC、そして僕を含め10年以上臨床に携わった先生の、 臨床で使える知識と、その基礎の一番大切な部分をしっかりと伝えていきます。

地域の口コミで 「身体のことで解からないことがあったら、○○先生の所に行くといいよ」 と、紹介されたいと考えている先生にとって、きっと力になれるはずです。 ぜひ、一緒に患者様の豊かさの輪を広げていきましょう。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント