いち早く患者さんの問題を見つけるコツ【お宝動画】

小川 響也 2015.10.16

from 小川“校長”響也

『校長のお宝動画発見!』vol.39

こんばんは

僕からは主に
過去に配信された動画や
非公開のシークレット動画などなど

明日の施術に役立つ動画を
チョイスし紹介していきます。

今回は、僕が、
疲労回復協会会長の熊谷が運営する治療院である、
ここらぼ整体院グループの技術研修として、
勉強会を行った時の動画の一部公開しちゃいます。

よく、一流の施術家の先生は、
「見ただけで患者さんの問題点が、即座にわかる」
「足の検査をしただけで腰に問題がある事がわかる」

と、さも簡単そうに患者さんの問題を的確に見つけていきます。

よく、治療院の玄関を入った時から、
施術は始まっている。

などと言いますが、

じゃぁ、どんな事に気をつけてみればいいの?
と尋ねると、

「よく観察していればわかる!!」
なんて曖昧な答えが返ってきたりします、、、

確かにそうなんですけどね(苦笑)

そんな、いち早く患者さんの問題を見つけ出すコツを、
僕なりに分析してみました。

【動画のポイント】


股関節も、ROMの検査をしなければ、

問題点を見つける事ができないわけではなくて、

(検査をしようと)足を曲げて行ってあげた時に、

右と左で重さが違うんですよね。

こっちは、検査しようと思って
この時点で軽かったら
「あ、こっちはもしかしたらいいのかも」

こっち(重いほう)は、引っかかると思ったら
「このへんに問題あるかなー」

とざっくりみていく、、、

続きは動画でご覧ください。

問題を発見するためには、

しっかりと検査をしていくという事も大事ですが、

ちょっとした動きの中にも、
様々なヒントが隠されていたりします。

実際、ゴットハンドと言われる人は、
様々な経験の中で、常にそのちょっとした変化を感じ、
意識的、無意識的両方で即座に答えを導き出せるんですね。

どうやれば、それが身につくかというと、、

どうやら、やっぱり、
愚直に観察していくしかないようです(苦笑)

ただ、一つ勘違いしないでおきたいのが、

どんなに経験を積んでも、
100%問題を当てる事はできないという事です。

今回の動画のように、

1、ざっくりと問題の箇所にあたりをつける
2、実際にその場所をチェックして確認する
3、違ったらその周辺をチェックしてみる

という手順を必ず行っています。
要は、その速度がハンパなく早いだけなんですね。

ですので、この3つの手順をひたすら意識して、
日々の施術や練習を繰り返し行っていく。

それが、問題発見の近道なのかな、
と僕なりの解釈ではありますが、そう考えています

これからも、お蔵入りや非公開の動画も含め
どんどんと公開していきたいと思いますので

お楽しみにしていてください。

p.s.

動画の感想やご意見はこちらに、
ぜひぜひいただければと思います^^

次は、こんな動画回答をやってほしいなどの、
リクエストも受け付けています!!

p.p.s.
ざっくり検査ときっちり検査、その両方をバランス良く、
が問題発見のコツですね。
僕はそれをここで身につけました。
 ↓ ↓ ↓ ↓

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント