手技の感覚をつかむために◯◯をするといい!?【お宝動画】

小川 響也 2015.12.18

from 小川“校長”響也

『校長のお宝動画発見!』vol.46

こんばんは。

僕からは主に
明日の施術に役立つ動画を、

過去現在変わらずチョイスし、

時には最新未公開動画なども、紹介していきます!

今回は、セミナー参加者の先生からよく聞かれる、
治療家だったらやっぱり気になる、
「感覚」スキルアップについて

動画でシェアさせていただきます。

テーマは「手技の感覚をつかむためには?」

セミナーや勉強会で何か新しい手技を学んだ時、

あるいは、文献やDVDを見て、
それを実践してみようと思った時、

今の施術スキルをもっとあげたいと思った時、

必ず私たちがテーマにするのが、
・強い弱い
・柔らかい硬い
・力が伝わるにげる
・ポイントを捉えるはずす

などの「感覚」

いままで、この「感覚」については、
何度か取り上げてきましたが、

今回は、もっと実践的な「感覚」をつかむための、
実際のやり方をお伝えしています。

【動画のポイント】


今回はですね、
よくセミナー参加された先生から質問をいただきますので、

それにお答えしていきたいと思います。

それは、感覚をつかむために

・目をつぶったほうがいいのか
・目は開けるけど手元を見ないほうがいいのか
・手元をしっかり見たほうがいいのか

どれがいいのか、
どうやって練習したらいいのかというご質問ですね

この、感覚のつかみ方というのは、
様々な先生が、いろいろな見解をしていると思いますが、

僕の思う結論から言うと・・・・

詳しくは動画でご覧ください。

「感覚」って、
絶対に他の人に伝えられないんですよね。

たとえ、僕がこうとお伝えしたとしても、
あなたの感じる感覚とは、
決して一緒になることはありません。

見るべきは、やはり、
練習した、実践してみた「結果」と、

患者さまが本当に良くなっているのか?
という事実しかないんですね。

動画の中でお伝えしていますが、
私たちは、何のために技術の勉強をするのか?

それが大切になってきます。

限りある時間を使って、
このテクマニの僕の記事を見ているのも、

ただ暇だから見ているわけではないと思います。

患者さんの喜んだ顔を見たい、
そのために、学びを活かしたい、

そう想っているからだと思います。

ただの「テクニックマニア」にならず、
「患者さんの笑顔づくりマニア」を目指してくださいね!

あなたの、明日からの施術に、
何かお役に立てたのなら幸いです

これからも、お蔵入りや非公開の動画も含め
どんどんと公開していきたいと思いますので

お楽しみにしていてください。

p.s.
あなたの貴重な時間を使って、
動画を見ていただけることは、
本当に嬉しく思います。

動画の感想やご意見はこちらに、
ぜひぜひいただければと思います^^

次は、こんな動画回答をやってほしいなどの、
リクエストも受け付けています!!

p.p.s.
患者さんの笑顔あふれる治療技術を、最短で手に入れたい先生へ
 ↓ ↓ ↓ ↓

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント