あなたは、治療効果がダダ下がりしてしまうワキの締め方をしていませんか!?

 

こんにちは

テクニックが大好きなアナタに送るテクニックマニア!!

テクマニの伝道師ことテクニック小川です!!

 

テクニック小川の 今更聞けない整体・カラダのこと

この番組では、整体師なら誰でも知ってそうだけど、

「実はそんな事なんだったけ」

「あれってなんだったっけ?」

なんて疑問を根こそぎ解決してさらに賢くなっちゃおう

という趣旨で様々な事を解説していきます。

今回はあなたはやっていませんか?間違ったワキの締め方!?

というお話・・・

治療家も使えるワキの締め方

これは、武道やスポーツなどにもつながる体の使い方の話なのですが

 

ワキをしっかり締めると、体幹全体で力が使え、

攻めや受けの双方で力を発揮できる状態になります。

 

よく、ワキが甘い、などの言葉がありますよね。

そのもともとも語源は、相撲用語になります。

相撲でまわしを取られないように両脇を締める防御姿勢が弱いということ。

 

つまり、相撲においても、ワキをしめることの重要性が言われているということですね。

 

この、ワキをしめるということ、

これを、整体技術の勉強中に言われた方も実は多くいるのではないかと思います。

 

そう、技術研鑽においても、このワキをしめるという体の使い方は、

非常に重要な要素になります。

ワキの締め方一つで治療効果が変わる!?

しかし、このワキをしめることに関して、

実は、結構間違ったワキの締め方をしている治療家は、

そこそこ・・・・いや、かなりいるようです。

 

このダメなワキの締め方をしていると、

全く意味がないどころか、逆に治療効果が低下するんですね。

 

あなたは、正しいワキの締め方?

それとも、間違ったワキの締め方?

 

続きは動画を見て確かめてください
 

動画はこちらから

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント