部分だけを見てちゃダメダメよ!【動画講座】

小川 響也 2016.02.19

from 小川 響也

『ナルホド!整体基礎講座』vol.7

こんばんは

小川響也
改め「テクニック小川」です!!

「ナルホド!整体基礎講座」
おかげさまで、次が早く見たい!楽しみにしています!
と激励のお言葉をいただいています。

ありがとうございます!!
日頃の学びに少しでも役に立てば幸いです。

さて、この講座では、

明日からの施術のヒントになる、
「ナルホド!」な技術や知識の情報を、
動画でお伝えしていきます。

今回、第三弾は
解剖学「広背筋」について!!

では、いってみましょう。

【動画のポイント】

・広い背中の筋肉なのに、作用は◯関節の動きだけ?

・大きい筋肉の特徴は、症状に対する影響力も大きいということ。

・事務作業で広背筋が硬くなる理由を、解剖的視点で見てみよう!

続きは動画でご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

これは僕の経験上ではありますが、
大きい筋肉をしっかり施術すると、
8割方の症状が良くなっていきますね。

例えば、手首や、指先、
足の裏などの痛みだとしてもです。

当たり前の話ですが、
大きい筋肉はそれだけ意味があって大きいですし、
当然、影響力も大きくなってきます。

施術のパターンも、
大きい筋肉からまずは施術していって、
まだ残る場合は部分的にという流れで行っていくと、

それだけで、いい結果が出せたりするんですね。
時間短縮にもなりますしね。

もし肩関節の問題を抱えている人がいたら、
広背筋アプローチやってみてください!

今回の動画講座はいかがだったでしょうか?

あなたの明日からの施術に、
少しでも役立てれば幸いです。

では、また来週!
お楽しみに!!

小川 響也

p.s.

今回の感想はこちらから

テクニック小川のテンションの高さは、
あなたの声援で支えられています(笑)

アナタが知りたい知識のご要望も、
ぜひぜひ教えてください!!

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント