「治療が楽しくなるVAKタイプ」今さら聞けない整体・カラダのこと

こんにちは
テクニックが大好きなアナタに送るテクニックマニア!!

テクマニの伝道師ことテクニック小川です!!

 

テクニック小川の 今更聞けない整体・カラダのこと

この番組では、整体師なら誰でも知ってそうだけど、

「実はそんな事なんだったけ」

「あれってなんだったっけ?」

なんて疑問を根こそぎ解決してさらに賢くなっちゃおう

という趣旨で様々な事を解説していきます。

今回は治療が楽しくなるVAKタイプ

というお話・・・

めっちゃ使えるVAKタイプって知っていますか?

VAKタイプって初めて聞いた方もいるかもしれません。

 

NLP(神経言語プログラミング)という、

コミュニケーション、能力開発、心理療法の技法の中で、

人間の感情別に3つのタイプに分ける考え方、

それがVAKタイプの分類です。

 

3つはそれぞれ

・V(Visual) 視覚

・A(Auditory)聴覚

・K(Kinesthetic)触覚

とあって、そのどれが優位かなんて見方をされます。

 

詳しく知りたい方は、

NLPもしくはVAKでしらべてみてください。

<NLPのHPはこちら>
 →http://www.nlpjapan.org/nlp.html

 

で、これを知っておくと何がいいかというと

めちゃくちゃ使えるんです!!

患者さんにも自分にもメリットあり

一つは、患者さんに対して問診や検査をする際など、

コミュニケーションがスムーズになります。

 

もう一つは、自分自身の手技の練習時に

このVAKのタイプを知っておくと、

効率よく、かつ苦なく理解を深めることができるようになります。

 

今回はそんな、ちょっとしたお得な方法のおはなし

 

・3つのタイプどれが優位かで対応も変わる

・患者さんのタイプ別3つの対応方法

・自分がどのタイプ優位かを知ると悩みが解消する!?

・テクニック小川のVAKタイプは・・・・?

 

動画はこちらから

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント